クリアネオボディソープに含まれる有効成分「柿タンニン」とは?

ここまで読んでいただきありがとうございます。他の関連記事もよかったら参考にご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こちらのページでは、

体臭予防に人気のある「クリアネオボディソープ」の有効成分の1つである「柿タンニン」についてまとめています。

加齢臭やワキガ対策としても有名な成分ですが、どのような効果があるのでしょうか?

▼クリアネオボディソープのレビューはこちら

クリアネオボディソープの悪い口コミは?効果は本当なのか実際に試してみた!>>

柿タンニンとは?

柿タンニンという言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれませんが、柿タンニンは古くから様々なものに使われたきた歴史があります。

柿タンニンは昔から日本人が利用してきたもので、防水・防腐剤としての塗料や高血圧ややけどの薬、色合いを出すための染料、タンパク質の濁りを除くために日本酒醸造にも用いられてきました。

柿の葉で寿司を包むことで、風味付けの他に腐らないようにしていたのです。

このように、昔の人の知恵というものが現在にも活用されています。

「柿タンニン」とは柿の渋み成分です

ポリフェノールと聞くとなんとなく分かると思いますが、タンニンはポリフェノールの一種なんです。

ポロフェノールと聞いたら、カテキンやアントシアニン、コーヒーポリフェノールなど、体によさそうな雰囲気を醸し出していますよね。

柿を食べたら渋かったなんて経験を1度はしていると思いますが、それがタンニンです。

タンニン自体は目で見て確認できます。熟れた柿を半分に割ると、黒い粒のようになっていますよね。それが、タンニン(不溶性)の正体なのです!

熟して甘くなった柿や干し柿は、なぜ甘いのかというと、タンニン(ポリフェノール)が可溶性(水に溶けやすい)から不溶性(水に溶けにくい)に変化したため、唾液に溶けず、苦みを感じなくなるのです。

不溶性に変えるのが「アセトアルデヒド」という物質

不完全甘柿と呼ばれる柿は、種から「アセトアルデヒド」が出るからタンニンが不溶化して渋みが減るそうです。

「アセトアルデヒド」はアルコールが分解された物質なのですが、人体に悪影響を及ぼす発がん性のある物質です。

アルコールや炭酸ガスなどを使用したり、皮をむいて干し柿にすることで、アセトアルデヒドを発生し、柿タンニンが不溶化し、甘くなります。

熟していない柿や渋柿が渋いのは、柿の果汁などの液体に柿タンニンが溶けている状態です。

人が味覚を感じるのはなぜ?

舌に存在する細胞には、味覚を感じることができるタンパク質があります。

ですので、タンニンが溶けた未熟な柿や渋柿を食べた時に、その成分が唾液に溶けて、舌の細胞にあるタンパク質と結合するため“渋い!”と感じるのですね。

柿タンニンがタンパク質(アミノ酸の連結)を結合することで、タンパク質同士がくっつきあう、つまり凝固作用が働き、タンパク質が元の形を失います。

柿タンニンの体臭・口臭予防について

これを利用して、柿タンニンは、体臭・口臭予防に役立っているのです。また、体臭・口臭の予防だけではなく、美容にも健康にもよいとされていて、柿タンニンの成分を使った化粧水やサプリもあるんですよ。

タンニンは、渋柿の頃の柿の果汁を発酵させて抽出します。これが「柿タンニン」です。

その時に、柿の独特な柿臭も取り除いて販売されています。

柿タンニンの消臭効果とは?

先ほど、柿タンニンは消臭効果をもたらすと話しましたが、いったいどのように消臭しているのか気になりますよね。

タンニン自体は柿だけにあるのではなく、茶やワインに多く含まれています。お茶の渋みやワインの渋に比べると柿の渋みは、それ以上!

これは、柿タンニンの分子量が大きく、柿に含まれるタンニン量はワインの約20倍、緑茶の70倍以上もあることから、悪臭の根源となる物質を変性させるので、消臭効果が高いと言われています。

▼クリアネオボディソープのレビューはこちら

クリアネオボディソープの悪い口コミは?効果は本当なのか実際に試してみた!>>

柿タンニンの具体的な効果について

タンパク質と結合したタンニンが、タンパク質を固めてしまうことによってタンパク質の分解を防ぐ働きをするので、消臭効果があらわれます。

1、体臭予防

そこで体臭がきつくなるメカニズムについてです。

汗はもともとは無臭なのですよ!

では何で臭いの?ということなのですが、皮膚の菌が関係しているのです。

皮膚にはたくさんの菌が常在しているのですが、代表的なのはアクネ菌や表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、マラセチア菌と言った菌。

これらの菌が汗を臭いのあるものに変えるんです。

アクアポリン腺とは?

特に強い臭いを放つのが、アクアポリン腺という所で、べたべたの汗を分泌する汗腺です。

脇に多くあります。

脇汗をかくとツンとした臭いを放つこともありますよね。靴を長時間履いていると、足が蒸れて嫌な臭いがするときもあります。

脇以外にも股、足の裏など雑菌が繁殖しやすいところは、においがきつくなるのです。

アクアポリン腺からは、体内の老廃物を排出するので、タンパク質や脂質、アンモニアなど栄養が豊富です。

体臭の原因となるのは

雑菌はアルカリ性を好むので汗から出た老廃物を餌として、雑菌の繁殖が起こり、それが体臭の原因となります。

タンパク質や皮脂を皮膚の菌が分解したときに嫌なニオイが発生するということです。

分解したときの臭いの他にも、皮脂が酸化した時のツンとした臭い、乳酸が分泌されたときの臭いなどがあり、汗の種類によっても臭いが出てくるんですよ。

そこで、柿タンニンがアルカリ性を中和させることによって、殺菌効果や雑菌繁殖を防ぐ効果を発揮します。

そのため、柿渋エキス配合のデオドラントスプレーや靴の中敷きなども販売されています。

2、口臭予防

口臭もまた同じ。

口臭の原因は、口の中の粘膜のカスや食べ物のカスに含まれるタンパク質が、口の中にいる細菌がこれらを分解・発酵することで嫌なニオイを発生させるのです。

また、舌苔(白く厚くなっている)にもタンパク質が含まれているため、細菌とが分解しようとすると、口臭の原因となります。

口臭の原因は様々

歯石や歯垢が残っていると、歯周病となりそれもまた、口臭の原因となります。

これらも、柿タンニンがタンパク質の分解を抑え、口臭予防の他に、虫歯予防や歯周病の改善にも効くのです。

口臭予防に柿渋エキス配合の歯磨き粉もありますよ!

口の中のトラブルだけではなくて、病気が原因だったり、副鼻腔炎、糖尿病、肝臓機能の低下など、体のなか起こったトラブルが、口臭や体臭となって現れることもありますので、体臭や口臭が以前よりきつくなった時には注意が必要です。

3、加齢臭予防

加齢臭も結構きつい臭いを放って悩みですよね。汗臭いのとは違って、独特な臭いがするんですよね。

加齢臭の原因は主成分の「ノネナール」の他に、「ベラルゴン酸」、「ジアセチル」などの成分です。

また、高血圧や糖尿病、脂質異常症と言った生活習慣病と関わっていて、悪玉コレステロールが貯まると汗腺や皮脂腺から加齢臭がするんです。

「ベラルゴン酸」とは30代の加齢臭の主成分です

30代は一番皮脂の分泌が盛んになる頃。なので、ベラルゴン酸が多く分泌されれば、それだけキツイ臭いを放つことになります。

「ジアセチル」も30代の嫌なニオイで主に頭皮あたりから臭いを放ちます。皮膚常在菌が汗の中に含まれる「乳酸」を取り込んで代謝することでこの「ジアセチル」が作られるということも分かっています。

加齢臭は30代から始まる

加齢臭は40代からと思い込んでいましたが、30代から加齢臭が始まるなんて恐ろしいですよね。

加齢臭は、ホルモンが関係していて、年を取るとホルモンの働きが衰え、皮脂が酸化してしまうことで起こります。

男性の方が加齢臭が強くなるのですが、これは女性よりも男性の方が、皮脂や老廃物の分泌が多いためです。

これらも柿タンニンで防御

加齢臭を抑えるには、抗酸化物質を摂取することです。

活性酸素という酸化の強い酸素が存在し、これを多く取り入れると癌を発症したり、生活習慣病を起こしたりします。

これらを抑えるのが、抗酸化作用という働きです。

抗酸化作用が強いのが柿タンニンなのです!柿タンニンが殺菌してくれることによって、加齢臭を抑えるんです。

4、頭皮の臭いを予防・改善

皮脂やシャンプーのカスが残っていることが原因で、頭皮は嫌なニオイがすることがあります。

また、ストレス等によって、ホルモンバランスが乱れてたり、栄養のバランスがとれていないと臭いの原因になります。

柿タンニンは、汗や皮脂の分泌を抑えてくれたり、汗の酸化を防ぐため、臭いの根本を消臭してくれます。

柿タンニンは美容にも

また、美容にもいいため頭皮の環境が改善される効果もあります。

柿渋石鹸やシャンプーなどが販売されていますが、刺激が強いものもありますし、配合されている他の成分で、刺激を受けてしまうこともあるので肌の弱い人は注意が必要です。

体の中にも臭いを発生させる成分がたくさん!

汗を作り出すのは、体の中の老廃物ですので、食事も体臭と深く関係しています。

嫌なニオイを発する食べ物は?

肉類やニンニク、チーズや牛乳などの動物性脂肪、辛いもの、アルコール、リノール酸というコレステロールや中性脂肪を増加させる油などです。

上記のような食べ物を多く摂取すると、体臭がきつくなるのです。

ですから、食事にも気を使っていくことで、体臭予防になります。

クリアネオボディソープの口コミや効果は本当か?実際にレビューしてみました。クリアネオボディソープはワキガや脇汗対策にも評判ですが、その評価をガチの本音で口コミします。また悪い口コミや良い口コミも紹介し、クリアネオボディソープは男性女性に効果があるのか検証してみました。

柿タンニンのその他の効能は?

柿タンニンには、消臭効果だけではありません。美容にも体にもよいのです。

1、肌の引き締め効果・美白効果

年とともに肌はたるんで、張りがなくなってきます。肌の張りがなくなると、毛穴が開き目立つようになります。また、紫外線等で活性酸素が発生し、肌が酸化したすると、それも張りがなくなる原因になります。

開いた毛穴を引き締め、肌をリフトアップさせるのが、柿タンニンです。
ポリフェノールは、ビタミンCと同様に抗酸化作用が働くのです。柿タンニンの抗酸化作用はとても高いので、老化予防となりますね。
また、シミの原因となるメラニンの増殖を抑えるので、シミやくすみの予防となります。

2、ダイエット効果

柿タンニンは、脂肪を分解してくれることや、血液をサラサラにしてくれるので血流がよくなることで基礎代謝がアップします。そのため、ダイエット効果があると言われています。

3、生活習慣病の予防

活性酸素が増えると体の中で悪さをします。そのため、細胞が壊れたところががんになったり、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こしたり、アルツハイマーや生活習慣病を起こす原因となります。
柿タンニンは、強い抗酸化作用で活性酸素を除去するとことができるので、生活習慣病の予防になります。また、心筋梗塞などの予防も期待できそうですね。

4、二日酔いの予防

二日酔いはきついですよね。

二日酔いが原因となるのが、先ほども登場した「アセトアルデヒド」という物質です。

柿タンニンは、アセトアルデヒドと結びつき体内から排出しようと働きます。

また、酒を飲む前でも効果は同じで、体内にいる柿タンニンがアルコールを早く分解しようとするため、次の日に二日酔いにならずに済みそうですね。

5、下痢緩和

柿タンニンは便を固める作用があるので、下痢の緩和になります。

ただし、柿タンニンを摂取しすぎると、便秘を引き起こしてしまうのが柿タンニンの悪いところです。

これは、柿タンニンが腸の運動に関わっているタンパク質と結合して、タンパク質が変性するので、腸が動くために必要なタンパク質の数が減ってしまうのです。

それが原因で、腸の働きが鈍くなり、便秘を引き起こすのです。だから、柿タンニンの摂りすぎには注意が必要ですね!

6、殺菌効果

殺菌効果があるのは、もうお判りいただけたかと思います。

冬に感染患者がおおくなるインフルエンザや怖いノロウイルスの菌も増殖させないのが柿タンニンなのです。

すごいですね。冬には強い味方です。

柿タンニンを原料としてパルシルという成分が開発されています。パルシルにも柿タンニンが入っているので、消臭効果は絶大のようです。

柿タンニンを摂取するにあたっての注意点は?

特に妊婦さんですが、柿タンニンを摂取しすぎると貧血になったり、柿で体を冷やすことでつわりがひどくなるったり、便秘の原因にもなります。

柿自体は栄養があるので、摂取することはいいのですが、1日の摂取量が決まっていますので1日1個と我慢してください。

▼クリアネオボディソープのレビューはこちら

クリアネオボディソープの悪い口コミは?効果は本当なのか実際に試してみた!>>

スポンサーリンク

ここまで読んでいただきありがとうございます。他の関連記事もよかったら参考にご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    以下は、当サイトでも特によく読まれている人気記事です。

    ▼こちらは人気の「男性ダイエットサプリ」を特集した記事ですが、この記事は当サイトでも特によく読まれています↓

    男性ダイエットサプリのおすすめランキングはこれ!最新のダイエットサプリメントで男性に効果人気のあるダイエットサプリや、口コミで評判が高い男性(メンズ)のダイエットサプリなど、激やせに最強な男のダイエットサプリを紹介します。